ディスクロージャーポリシー

当社は、投資者への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に投資者の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう社内体制の充実に努めるなど、投資者への会社情報の適時適切な提供について真摯な姿勢で臨むことを、ここに宣誓します。
当社は、法定開示事項に加えて、株主等の投資家の皆さまからのご意見やご要望を的確に把握し、経営にフィードバックするとともに、株主等投資家の皆さまの共感を得られるように各種情報の開示に積極的に取り組んでまいります。

適時開示の担当部署

当社は社内規程(インサイダー情報管理規程)その他職務遂行に係る社内規程及び社内通達を遵守し、以下のとおり適時開示すべき情報を取り扱います。

  • ・情報取扱責任者を経営企画室長とし、情報の集約・管理を行います。
  • ・公表は、代表取締役社長がこれを行います。または、代表取締役社長から委任を受けた者がこれを行うものとします。(経営企画室長、経営管理室長がこれにあたり、経営企画室長がこれを主管します。)

情報の管理

当社の社内規程により各部門長は、管理責任者として情報の部外への漏洩防止の為重要な情報を隔離保管する等必要な措置をとるとともに情報取扱責任者へ直ちに報告します。
当社子会社において内部情報が発生した場合には、グループ各社の社長より情報取扱責任者に直ちに報告します。

東京証券取引所への適時開示

情報取扱責任者は、決定事実及び決算情報については代表取締役社長に報告し、取締役会承認後遅滞なく適時開示を行います。発生事実は発生後遅滞なく適時開示を行います。